人間ドック

人間ドック

人間ドックを受けて将来の健康を維持

トレンド通販検索 > 人間ドック

人間ドックとは

人間ドックとは体全体の精密検査を行い、健康に異常がないかチェックすることです。主なチェックが国民病とも言われている三大疾患のがん・心筋梗塞・脳卒中のリスクがあるかどうか入念に検診します。

受診したほとんどの人が程度は小さくとも何かしらの障害が発見されるそうです。100%異常なしという判定はほぼないんだとか。

現代人がかかえる問題としてストレスがありますが、それが体に病となって表れてくる場合が非常に多いとされています。ただし人間ドックを受けることで早期発見されれば事が大きくなる前に対処することが可能です。

代表的ながんについても初期段階であれば治療によって改善される場合がほとんどと言われています。

人間ドック 前日

健康診断同様にアルコールやコーヒーは控えた方がよいです。なぜなら正常な検査ができなくなるからです。アルコールはわかると思いますが、カフェインもNG。検査時に異常を発見しづらくなってしまうからです。

自ら料金を払って検診を受けているのに異常を発見しづらくするなんてことはやめておきましょう。早期発見が不可能になってしまいます。消化の良いものをとって早めに寝ることをおすすめします。

一日くらいはアルコールやコーヒーを我慢することは問題ないですよね。

今から検診施設を探す ⇒ 人間ドック

人間ドック 経費

人間ドックの費用が会社で経費(損金)として計上できるかどうか?以下の条件であれば経費として計上できるようです。

人間ドックの費用を経費として計上できるパターン

会社に属している全員に対して検診料金を負担していれば会社の経費として扱うことができます。年齢制限や受診回数などを規定していても問題はないようです。例えば会社で38歳以上、2年に1回などの条件を規定することなどですね。

人間ドックの費用を経費として認められないケース

特定の人間だけ受診している場合です。例えば社長、役員のみ人間ドックの検診対象としているなどです。役員しかいない会社や家族経営で全員が役員の場合も同様です。

仮に現在は役員しかおらず、今後従業員を雇用するという場合なら認められるケースもあると思われます。この場合は、従業員が雇用されたこと、その従業員が受けた検診の内容が当時の役員が検診した内容と同等のものであることの証明が必要になるかと思われます。

人間ドック・PET/CT検査の予約サイト がんの早期発見に役立つサイトはこちら

国税庁の見解は?

国税庁の公式サイトで確認してみると以下のように記載されています。

  • 役員や特定の地位にある人間のみを対象としている場合には経費として認められない
  • 一定年齢以上の希望者の全てが検診でき、その費用を会社が負担する場合には課税の対象とはしない。

ということで「従業員全員が人間ドックを受診でき、かつその費用を会社が負担する」ということであれば経費として認められるようです。

個人事業主の場合

残念ながら経費として認められません。これは健康診断の費用も同様となります。個人事業主の場合は法人と違い「プライベートな支出」と解釈されるそうです。

全国の人間ドック検索予約ならこちら(料金表付き)

人間ドック・検診予約

人間ドック トップへ戻る