SIM

SIM

SIMについて知っておくとお得な情報

SIMカード

SIMカードは簡単に言えば加入者(契約者)がわかるようにIDが記録されているICカードのこと。このカードがあることで本体は同じでも別の電話番号として使えたりします。

例えば本体は一つにしてSIMカードを2枚持って差し替えれば一つはプライベート用、もう一つはビジネス用という使い方もできます。スマートフォンでは本体に2枚挿しができるタイプもあり、設定で切替ができるものもあります。

SIMカードの形状はメーカーによって違います。そのためどんなスマートフォンや携帯電話でも使えるというわけではありません。例えばXperiaはシリーズによって標準SIM、microSIMを使っていますし、iPhone5やiPad miniはnanoSIMを使っています。

これは統合してもらえると利用者にとっては利便性が高まると思いますが、現在のところは機種によって様々です。

simとは

SIMとは上記で説明した通り契約者情報が記録されたICチップです。今まではSIMロックといって契約したキャリアでしか使用することができませんでしたが、SIMロック解除が義務化されたことから本体とICカードを切り離して利用できるようになりました。

例えばauのiPhoneを使っていたけどdocomoの料金プランの方が自分に合っているから契約を変えたいという場合。今までだとdocomo用のiPhoneを購入しないと使えませんでしたが、SIMロックフリーとなったことで、SIMカードのみ変更して挿し変えれば本体はそのまま使えるという状況になったわけです。

このメリットは大きいですよね。契約する会社を変えても設定は不要で今使っている端末はそのまま使えるという状況になったということなんです。アドレス帳の移行も不要です。

SIMフリー

これにともなってMVNOから格安SIMや格安スマホが多く登場しています。MVNOとは回線網をもたず、大手キャリアなどほかの事業者から回線を借りてサービスを提供している通信事業者です。なんといっても安さが売りとなっています。

おそらく大手キャリアと契約していたときに比べたら月額料金が3分の1くらいになる方が多いかと思います。電話はほとんどかけずデータ通信しか使わないという方ならもっと安く利用することができます。

通話料も定額☆もしもシークス☆

電話もそこそこ使うしデータ通信も使うなら、それに見合った料金プランも各社から出ているので比較していると良いかと思います。

ただし、なるべく料金を安く電話もデータ通信もしたいなら2台持ちがおすすめです。通話は携帯電話(ガラケー)、データ通信はスマホという感じです。こうするだけで今まで大手キャリアと契約していた月額料金の半分以下になる場合が多いです。

SIMフリーのメリットは料金の安さですが、デメリットは2台持つためかさばるというところでしょうか。通話と通信をわけることでバッテリーの持ちは一台で使用しているときよりずっと長持ちするという面もありますよ。

興味がある場合には最も安いプランで契約してみると良いかと思います。1GBプランなら月額料金が1,000円以下という業者は少なくないです。

試してみてよければだんだんと格安の世界へ移行していくのも手かなと思います。何しろ月額料金の安さは驚くと思います。と同時に「よく今まで毎月こんな金額払っていたな~」とも思います。

SIMフリースマホの通信網は大手キャリアの回線を使うのでほぼ全国で使用できますし、利用エリアもどんどん拡大されています。都心ではほぼ問題ないと言ってよいかと思います。

業界最安値のSIMフリープラン続行中のDMM mobile

⇒ DMM mobile データSIMプラン 1GB

SIM トップへ戻る